1. TOP
  2. ⟩ TOPICS一覧
TOPICS
2021.10.15

令和3年度第2回クリーン活動を実施しました。

6月に引き続き、本年度2回目のクリーン活動を行いました。感染予防対策を取りつつ、本社周辺及び琴似川管理道路周辺を清掃しました。
2021.10.04

北海道開発局長より表彰されました。

「岩見沢河川事務所管内河川管理施設監理検討試行業務」が、令和2年度優良業務として北海道開発局 局長表彰を受賞しました。
2021.06.25

北野小学校(鷹栖町)とオサラッペ川の水質検査を実施しました。

北野小学校(鷹栖町)の5,6年生65名がオサラッペ川上流で水環境調査を行いました。当社員6名が川の水質検査や生物調査を指導し、その様子が北海道新聞夕刊(2021年7月12日)掲載されました。後日、北島校長からお礼状を頂いております。
2021.06.25

令和3年度 第1回クリーン活動を実施しました。

毎年2回のクリーン活動は今年で18年目となりました。蔓延防止等重点措置期間のため、ソーシャルディスタンスに注意する等、感染予防に留意しながら清掃活動を行いました。
2020.12.12

鹿追町長から感謝状を頂戴することとなりました。

然別湖における弊社の環境保全活動に対して、地域貢献として鹿追町長から感謝状をいただくこととなりました。然別湖は北海道内において最も高標高地に位置する自然湖沼であり、固有亜種ミヤベイワナや貴重な水草群落がみられる地域です。弊社では今後もこのような地域の自然環境保全に係る活動を継続的に行い、水環境のプロフェッショナルとして社会的責任を果たしてまいります。
2020.10.16

令和2年度 第2回クリーン活動を実施しました。

社会貢献の一環として行っている清掃活動を今年度も2回実施しました。
2020.09.28

今金町立今金小学校から感謝状をいただきました。

総合的学習の一環である水質調査活動における児童たちの安全な学習環境整備支援活動を長年にわたって行っていることに対して、今金町立今金小学校から感謝状をいただきました。
2020.08.31

小学校への学習支援活動を行っています。

子どもたちの身近にある河川で、水質検査や水生生物調査を子どもたちが体験し、水質状況や川に生息している生物について知り、河川保護の必要性や実践的な行動について考える事を目的として実施しています。
今年度の支援活動は8月に行い、環境調査、水質調査のプロとして講師での支援活動を行っております。
      
2020.08.11

創立記念式典及び各種表彰を行いました。

8月11日は弊社の55回目の創立日となります。このことから、当日9:00より別館3階大会議室にて創立記念式典を執り行いました。また、開催にあたっては、新型コロナウイルス感染予防の観点から役職員、幹部職員及び表彰等対象者のみとしました。

【各種表彰】
創立記念式典において令和元年度に係る各種表彰を行いました。 表彰されました方々大変おめでとうございます。
【功績表彰】
札幌開発建設部長表彰 幾春別川外流量観測業務 担当者5名表彰
【永年勤続表彰】
勤続25年 勤続20年 勤続15年 (各々1名)計3名表彰
【無事故無違反者表彰】
5 年 2名表彰
【資格試験合格者表彰】
技術士 環境部門 1名 2級生物分類技能検定 1名 測量士補 2名

各種表彰対象者には金一封が贈呈されました。(ごちそうさまです)

   
2020.07.29

北海道開発局札幌開発建設部長より表彰されました。

「幾春別川外流量観測業務」が、平成31年度優良業務として北海道開発局札幌開発建設部長表彰を受賞しました。
2020.06.19

令和2年度 第1回クリーン活動を実施しました。

本社周辺の他、河川敷地の清掃活動を社会貢献の一環として毎年2回行なっています。
2019.12.20

鹿追町長から感謝状をいただきました。

然別湖における環境保全のための水質調査活動に対して、地域貢献として鹿追町から感謝状をいただきました。
2019.11.29

令和元年度第2回労働安全大会・第2回技術発表会を行いました。

安全大会では北海道警察サイバーセキュリティ対策本部の小池貴幸様によるサイバー空間の脅威対策の講演、当社技術者による冬季安全作業についての発表を行い、技術発表会では表彰業務担当者による業務発表および東北地方災害対応の活動報告がありました。
2019.09.27

応用生態工学会第23回全国大会で優秀発表賞を受賞しました。

当社技術者の藤井和也が発表した「石狩川旧川群における肉食性外来魚類の分布状況と食性把握について」が優秀口頭事例発表賞を受賞しました。
2019.07.30

北海道開発局旭川開発建設部長より表彰されました。

「天塩川サンルダム建設事業の内 動植物モニタリング調査業務」が、平成30年度優良業務として北海道開発局旭川開発建設部長表彰を受賞しました。
2019.07.26

北海道開発局長より表彰されました。

「雨竜川外流量観測業務」が、平成30年度優良業務として北海道開発局 局長表彰を受賞しました。
2019.07.26

東北地方整備局能代河川国道事務所長より表彰されました。

「米代川鷹巣出張所管内河川管理施設監理検討業務」が、平成30年度優良業務として東北地方整備局能代河川国道事務所長表彰を受賞しました。
2019.06.25

令和元年度 第1回クリーン活動を実施しました。

クリーン活動は本社敷地内の他、社会貢献の一環として河川敷地の清掃活動を毎年2回のペースで実施しています。次回は秋に実施予定です。
2019.04.05

平成31年度第1回労働安全大会及び第1回技術発表会を開催しました。

労働安全大会では福田社長の「安全の確保を目指すことが、社会資本整備の一翼を担う会社として社会の信頼につながっていく」という挨拶に始まり、札幌市防災協会の藤木救命指導専門官による1次救命処置の実演を交えた講話、神童商事株式会社の久保課長による交通安全講話を行いました。技術発表会では各部署の若手技術者が担当分野についての発表を行いました。
2019.01.17

旭川市公園緑地協会から感謝状をいただきました。

あさひかわ子どもの水辺協議会が主催する小中学生対象の体験学習において、多年にわたる支援活動を行なっていることに対して旭川市公園緑地協会理事長から感謝状をいただきました。
2018.12.19

北海道開発局札幌開発建設部長から感謝状をいただきました。

北海道胆振東部地震における災害支援活動に対し、北海道開発局札幌開発建設部長から感謝状をいただきました。
2018.11.30

平成30年度第2回労働安全大会・第2回技術発表会を行いました。

札幌サンプラザにて、第2回労働安全大会・第2回技術発表会を開催しました。リコージャパン株式会社の小田誠一様による情報セキュリティ講演、管理技術者による表彰業務のプレゼンや業務担当者による技術プレゼンを行いました。
2018.10.15

パキスタン国の技術者への研修会を実施しました。

平成30年10月15日~18日、(国研)土木研究所からの委託を受け、㈱ハイドロシステム開発と共同で、パキスタン国の技術者に河川流量観測と土砂観測の研修会を弊社において実施しました。
2018.10.09

鷹栖町から感謝状をいただきました。

鷹栖町の小学校が行っている河川水質調査を、長年にわたり支援してきた活動に対し、鷹栖町長から感謝状をいただきました。
2018.07.26

北海道開発局長より表彰されました。

「後志利別川 流量及び水質調査業務」が、平成29年度優良業務として北海道開発局 局長表彰を受けました。
2018.07.27

北海道開発局札幌開発建設部長より表彰されました。

「樹林化抑制対策検討業務」が、平成29年度優良業務として北海道開発局札幌開発建設部長表彰を受けました。
2018.07.23

東北地方整備局福島河川国道事務所長より表彰されました。

「阿武隈川上流河道分析・評価検討業務」が、平成28〜29年度優良業務として東北地方整備局福島河川国道事務所長表彰を受賞しました。
2018.04.06

平成30年度第1回労働安全大会及び第1回技術発表会を開催しました。

労働安全大会では札幌市北消防署の相馬係長による防火安全対策についての講演、安全運転管理者による安全運転講演を行いました。技術発表会では各部署の若手技術者による技術発表を行いました。
2018.02.26

「ジュエリーアイス」の形成と出現メカニズムを探る研究が内閣府サイトで紹介されました。

北見工業大学工学部の吉川泰弘助教と当社が研究グループとして取り組んでいる「ジュエリーアイス」の形成、出現メカニズム探求の活動が、内閣府宇宙開発戦略推進事務局のサイトで紹介されました。
詳細は、以下のアドレスをご参照ください。
内閣府宇宙開発戦略推進事務局サイト http://qzss.go.jp/news/archive/jewelryice_180222.html

当社技術者撮影
2017.08.14

平成29年度国土交通省建設技術研究開発助成制度に採択されました。

平成29年3月より公募の国土交通省建設技術研究開発助成制度「政策課題解決型技術開発公募(中小企業タイプ)」に、弊社提案の「寒冷地河川におけるリアルタイム流量自動観測システムの開発」が継続課題(R&D2年目)として、平成28年度に引き続き採択されました。
これは、河川流量観測自動化のため、河床と河岸にADCP(超音波ドップラー流速計)を設置し、鉛直方向流速と横断方向流速に塩淡境界・河氷厚境界データを用いて、力学的空間内外挿法(DIEX法)にて流量を算出し、リアルタイムで情報を配信するシステムを構築するものです。

国土交通省報道発表資料  http://www.mlit.go.jp/report/press/kanbo08_hh_000438.html
2017.07.31

北海道開発局旭川開発建設部長より表彰されました。

「天塩川上流 天塩川流量観測業務」が、平成28年度優良業務として北海道開発局旭川開発建設部長表彰を受けました。
2017.07.25

北海道開発局長より表彰されました。

「空知川外流量観測業務」が、平成28年度優良業務として北海道開発局 局長表彰を受けました。
2017.05.17

第60回北海道開発局技術研究発表会において、北海道開発局長賞を受賞しました。

第60回北海道開発局技術研究発表会で,札幌開発建設部、土木研究所と当社が共同発表した「平成28年台風10号空知川上流における画像処理型流量観測の適用性-大規模出水に対応した流量観測高度化(その2)-」が北海道開発局長賞を受賞しました。
2017.05.17

石狩川合同観測2017に参加しました。

石狩川石狩大橋で行われた土木学会水工学委員会の合同観測に事務局として参加しました。観測には全国から土木研究所、大学、民間業者、パキスタン政府関係者が参加され、ナローマルチビーム・ADCPを用いた河床波観測と電波流速水位計を用いた水面波観測を行いました。5月18日には寒地土木研究所で座学・現地視察会を実施し,多くの参加者が集まりました。
2016.12.19

北海道開発局長から感謝状をいただきました。

本年の大雨災害対応においての貢献に対し、北海道開発局長から感謝状をいただきました。
2016.12.02

平成28年度第2回労働安全大会・第1回技術研修発表会を行ないました。

札幌サンプラザにて、第2回労働安全大会・第1回技術研修発表会を開催しました。トレンドマイクロ株式会社の吉田仁美様による情報セキュリティ講演、当社研究顧問の黒木幹男による平成28年豪雨災害についての講演、各部署の職員による研修参加の技術発表を行いました。
2016.07.26

北海道開発局札幌開発建設部長より表彰されました。

「札幌河川事務所管内堤防等点検業務」が、平成27年度優良業務として北海道開発局札幌開発建設部長表彰を受けました。
2016.07.14

地域貢献活動として「合意形成」についての講演会を札幌市清田区民センターで開催しました。

講演会では“楽しい「合意形成」が人をつなぎ、まちをつくる”と題して、百武ひろ子氏(県立広島大学教授、NPO法人合意形成マネジメント協会理事長)に“話し合うこと”や“理解し合うこと”について「合意形成」の観点から講演して頂きました。
2016.06.06

平成28年度国土交通省建設技術研究開発助成制度に採択されました。

平成28年3月より公募の国土交通省建設技術研究開発助成制度「政策課題解決型技術開発公募(中小企業タイプ)」に、弊社提案の「寒冷地河川におけるリアルタイム流量自動観測システムの開発」が継続課題(R&D1年目)として、平成27年度に引き続き採択されました。
これは、河川流量観測自動化のため、河床と河岸にADCP(超音波ドップラー流速計)を設置し、横断方向流速と塩淡境界・河氷厚境界データを用いて、力学的空間内外挿法(DIEX法)にて流量を算出し、リアルタイムで情報を配信するシステムを構築するものです。

国土交通省報道発表資料 http://www.mlit.go.jp/report/press/kanbo08_hh_000344.html
2016.06.01

第59回北海道開発局技術研究発表会において、寒地土木研究所所長賞を受賞しました。

第59回北海道開発局技術研究発表会で,札幌開発建設部と当社が共同発表した「画像処理型流量観測の適用性検討-大規模出水に対応した流量観測の高度化・効率化-」が土木研究所寒地土木研究所長賞を受賞しました。
2016.05.13

石狩川岩見沢大橋観測所で合同観測を行いました。

石狩川岩見沢大橋観測所で、土木研究所ICHARM・高知高専・(株)ハイドロシステム開発様との合同観測を行いました。マルチビームとADCPによる河床波観測と高知高専岡田准教授開発の浮遊砂採取装置、掃流砂採取装置による土砂観測を行いました。観測には日本を代表する土砂災害の研究者であるICHARM江頭進治先生と黒木幹男当社研究顧問が参加されました。
2016.04.27

土木学会水工学委員会の合同観測に参加しました。

新潟県信濃川旭橋で行われた土木学会水工学委員会の合同観測に参加しました。観測には全国から土木研究所、大学、民間業者が参加し、超音波・レーザー・電波・画像解析等の最新技術を用いた流量観測を行いました。同時に「国内の観測技術をISOへ反映するための方策を検討する会」の設立が発表されました。
2016.04.08

平成28年度労働安全大会を開催しました。

あいおいニッセイ同和損害保険株式会社の岸秀哉さまから「事故の傾向と安全運転助言検査」、福田アキヒロ技術士事務所の福田朗裕さまから「ISO2015年度版規格の概要について」の講演をしていただきました。
2015.10.24

十勝川河口・浦幌十勝川河口で不法投棄啓発活動を実施しました。

地域住民、池田河川事務所、河川巡視員の連携・協働により、不法投棄啓発活動を実施しました。多数の釣りをされている方の協力も得られました。
2015.08.31

平成27年度国土交通省建設技術研究開発助成制度の新規課題に採択されました。

国土交通省で平成27年5月より公募の建設技術研究開発助成制度「政策課題解決型技術開発公募(中小企業タイプ)」に弊社提案の「寒冷地河川におけるリアルタイム流量自動観測システムの開発」が採択されました。

これは、河川流量観測自動化のため、河床と河岸にADCP(超音波ドップラー流速計)を設置し、横断方向流速と塩淡境界・河氷厚境界データを用いて、力学的空間内外挿法(DIEX法)にて流量を算出するシステムを構築するものです。
国土交通省報道発表資料 http://www.mlit.go.jp/report/press/kanbo08_hh_000314.html
2015.08.31

平成27年度第1回社内勉強会を開催しました。

札幌サンプラザにて、平成27年度第1回社内勉強会を開催しました。管理技術者による表彰業務プレゼン、当社研究顧問の黒木幹男氏による基調講演と、各部代表者の部門プレゼンを行いました。「自然環境調査の基礎と事例」を発表した環境水工部・原技師に社長賞が授与されました。
2015.07.29

東北地方整備局福島河川国道事務所長より表彰されました。

「荒川河道整備検討業務」が、平成26年度優良業務として東北地方整備局福島河川国道事務所長表彰を受賞しました。
2015.07.28

北海道開発局札幌開発建設部長より表彰されました。

「札幌河川事務所管内堤防点検」が、平成26年度優良業務として北海道開発局札幌開発建設部長表彰を受賞しました。
2015.07.27

創立50周年記念式典・祝賀会を行いました。

京王プラザホテルにて、創立50周年記念式典および祝賀会を開催しました。
2015.07.10

北海道新聞社会福祉振興基金への寄付を行いました。

創立50周年記念事業の一環として、北海道新聞社会福祉振興基金へ50万円の寄付を行いました。
2015.06.06

十勝川で不法投棄啓発活動を実施しました。

地域住民の皆さんと河川巡視員の連携・協働により、継続的にゴミの不法投棄防止を呼びかけるとともに、十勝川流域の豊かな河川環境の保全を訴えました。
2015.05.27

水質事故対応実施訓練を実施しました。

水質汚染事故の発生初期段階における汚染拡大防止にむけ、名寄河川事務所管内の河川巡視員及び旭川支店職員による現地研修を実施しました。訓練では、水質汚染事故防止に対する初期対応方法や河川巡視員の高機動化の確認を行いました。
2015.04.25

信濃川現地合同観測へ参加しました。

この度、土木学会水工学委員会「流量観測高度化研究小委員会」が主催する、”信濃川現地合同観測“へ参加しました。
2015.03.03

中川町から感謝状をいただきました。

観光行事「天塩川春・発信inなかがわ」の支援活動により中川町から感謝状をいただきました。
2015.02.20

STIV解析用映像管理システムの勉強会を開催しました。

 本社新館会議室にて、「赤外線カメラを利用したSTIV解析用映像管理システム」の勉強会を開催しました。 当日は、FLIRシステムズジャパン(株) の 増田さまをお招きし、夜間や劣悪な環境条件下でも流速計測が可能な赤外線カメラの優位性について学びました。
2014.12.02

流量観測高度化勉強会を開催しました。

本社別館大会議室にて、流量観測高度化勉強会を開催しました。 勉強会では、環境流体シミュレーションの一つである力学的内外挿法(DIEX法)を理解するために、東京理科大学の二瓶准教授をお招きし、「点」から 「面」の流速分布を推定する手法について学びました。
2014.11.28

平成26年度冬季労働安全衛生大会・第3回技術研修発表会を行ないました。

本社別館大会議室にて、冬季労働安全衛生大会および技術研修発表会を開催しました。当社研究顧問の黒木幹男による火山防災についての講演、環境水工部・技術部・環境計量部の社員による研修参加の技術発表を行いました。
2014.09.12

平成26年度技術・研修報告会を行ないました。

札幌サンプラザにて、日本気象協会北海道支社防災対策室長の松岡直基様、当社研究顧問の黒木幹男による基調講演、「流量観測の高度化技術」と題して社員による3例の技術報告を行ないました。
2014.07.28

東北地方整備局福島河川国道事務所長より表彰されました。

「阿武隈川上流河道分析評価検討業務」が、平成25年度優良業務として東北地方整備局福島河川国道事務所長表彰を受賞しました。